2019年01月27日

寒さにも負けず。趣味を見つけています。

こんにちわ。
湖西豊田道場スタッフ、優です。

昨年度は大変にお世話になりました。本年度も、どうぞ、我が湖西豊田道場を宜しくお願い致します。

さて、各地では厳しい寒波、そして猛威を振るっているインフルエンザとありますが、皆様、お身体お変わりないでしょうか?
私は寒さに平気な人なので毎度のことながら大丈夫なのではありますが(寒いものは寒いですけどね)、豊田先生はというと、やはり手足が冷たくなるのか、丸くなっていることが多いです(笑)
それでも、今年も元気に生きています!!(しっかりと、生存しております。ご安心下さい)
ちなみに豊田先生はイノシシということで、今年は年男です。このままイノシシのごとく突き進んでもらっては困るので、ゆっくりとペースを保ちながら進んで参りたいと思います。

最近の豊田先生はと言うと、変わらず映画もお好きですし、マンガもアニメも、読書もお好きなのですが(創作のお仕事の一環として、最新のものは出来るだけチェックをしようと心がけているそうです)、マイブームはこちら。


ブギーポップの最新アニメOPより、『ブギーポップは笑わない』です。

以下、イントロダクションです。

ぼくは自動的なんだよ。名を不気味な泡ブギーポップという――。

エンタテインメントノベルでNo.1シェアを誇るレーベル・電撃文庫に
多大な影響を与えた、今なお色褪せることのない名作として、
絶大な支持を集める人気タイトル「ブギーポップは笑わない」シリーズが、
刊行から20年の節目で待望のTVアニメ化!

TVアニメを手掛けるのは、
2015年に放送され、大ヒットを記録したTVアニメ「ワンパンマン」で、
世界中のアニメユーザーを唸らせた監督・夏目真悟。
そして同作のシリーズ構成と脚本を務めた鈴木智尋に、
圧倒的なクオリティを実現させた
日本屈指のアニメーションスタジオ・マッドハウスが集結し、
世界に危機が迫ったとき、自動的に浮かび上がるヒーロー、
ブギーポップを中心に繰り広げられるアクションファンタジーを
見事に描き切る!




あれから20年も経つんですね。私が中学生?高校の時に流行っていたのがこのブギポ(略して)でしたね。
友達が本とか読んでいた覚えがあるです。

最近のアニメはほとんど深夜枠とでも言うのでしょうか。めっきりアニメからも遠ざかってしまったので、2019年、男女共にオススメアニメはこちら。


約束のネバーランド.jpg
約束のネバーランドです。


以下、イントロダクション。

突然終わりを告げた、
グレイス=フィールドハウスの幸せな日々。

ハウスは農園。
子どもたちは鬼に飼われる食用人間。
大好きだったママは、子どもたちの監視役。

『これ以上、家族が死ぬのは嫌だ・・・!』

そう願ったエマ達は、日常に潜んでいたあらゆる意図を解き明かして行く。
鬼 VS 子ども、命を懸けた脱獄計画が始まるーーー


OP曲の主題歌、UVERworld『Touch off』なんですね。
※私はジャンプも最近は読まなくなってしまったので、こちらのマンガもまったく知らないです。←ナルト、ブリーチが連載終了してしまった後、私の中で何かが終わってしまいました・・・(笑)

『豊田先生は他にどんなのがオススメ、気になる作品があるの?』

豊田先生は、こちら。

善悪の屑 1.jpg
善悪の屑です。

今年、実写映画化!!ということで、豊田先生は『オラ、ワクワクすっぞ!!』と言ってます。
豊田先生:『言ってません』

以下、あらすじ。

犯罪に手を染めながらも十分な裁きを受けず、反省もしていない犯罪者たちに、被害者に代わり復讐を行う2人の『復讐屋』の物語である。
劇中に登場する事件は、大部分が実際に起きた事件をモチーフに脚色したものとなっている。


ダークヒーローというと、カッコつけすぎかもですが、善も悪も、主人公達自らが手を下し、裁きを下すというお話です。
話の中では、依頼人自らが手を下し、裁きを下すと言う、ライバル的な組織も登場したりします。

自らでやるのか、それとも、やらせるのか。

スカッとする描写ではなく、人間の汚い部分が描かれているところが多い作品ですね。

なるほど、だから豊田先生は・・・

豊田先生:『僕は善悪の屑ではありません』

以上、寒さにも負けず、趣味を見つけています。でした。

皆様も、どうぞ、風邪を引かれませんように。




posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 17:04| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする