2020年03月22日

おけいこ日誌、更新しました&最近、目にするものは『ほにゃらら』です。

こんにちわ。
湖西豊田道場スタッフ、優です。

花の三連休のはずなのに、『新型コロナウイルスのせいでどこにも出かけられない!!』となげいておられる方もいらっしゃるかと思います。
そんな私も静かに缶詰め状態、ではあるかもですがなんとか生きております。←豊田先生も生きております。生存確認致しました(笑)

以下、お知らせです。

おけいこ日誌、更新致しました!!
大変にお待たせ致しました、19年度 108スパーの模様となります。←こちらをクリック。

また、20年度のおけいこ日誌も更新致しました。←同じく、こちらをクリックで最新版にとびます。
帯・昇級審査の模様も随時、更新予定でおります。どうぞ、楽しみにお待ち下さいね。

さて、なにかと気分が沈みがちもですが、最近私が目にするものを少し、ご紹介していきたいと思います。

最近私が目にするもの。
『ほにゃらら』とはこちらです。

pc_topimage.jpg
三浦部長、本日付けで女性になります。
https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/miurabucho/
(予告動画がupされていたのですが、残念ながら掲載されていなかったので、公式サイトより)

ムロツヨシさんはもともと私が好きな俳優さん、ということもあって、たまたま昨日TVを見ていたらこちらのドラマがOAされておりました。
※続きがあるかな?と思っていたのですが、一夜限りのドラマかもしれません。

ムロさんは、私の中ではかなりのお笑い枠の人に入っているイメージなので・・・


顔がイケてる俳優さんではないかもですが(すみません)、独特の雰囲気がありますよね。
こういう、なんというか、オレ、イケてるぜみたいな人、いますよね?(笑)


こんなのとか。
星野源さんとの掛け合いが良いですよね。星野源さんも、私はお笑いから知りました。(二度目のすみません)


こちらも同じく星野源さんと一緒に。
正直、俳優さんではなくて、芸人さんなのかと思ってました。(三度目のすみません)

ドラマはトランスジェンダーという役柄で出演しております。
『意外と女性の格好も似合うなぁ』なんて思ってしまいました。というよりも、自然な感じが良かったのかもしれません。
その人を見たいのではなくて、物語を観たかったので。

お話には原作もあります。

61qGwipBJ8L.jpg
総務部長はトランスジェンダー 父として、女として

内容紹介
その日、総務部長は社員に向けて一斉メールでカミングアウトした。「これからは女として生きていきます」。そして彼女が選んだ究極の二重生活とは?
自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション。


もうすぐ五十歳に手が届こうかという妻子もちのサラリーマン、会社では管理職。
男であることになんの疑問も持たずに生きてきたが、ふとしたきっかけで、女性になりたい自分に気づいた。最初は時折、女装して楽しむだけだったが、次第に女性として生きたいという気持ちを抑えられなくなっていく。
仕事をどうするのか、家庭をどうするのか…。微妙なバランスで家庭を壊すことなく、会社を辞めることなく、自分らしく生きる道を選ぶ。
会社での大胆なカミングアウト以降、毎日は大きく変わった。
朝、家を出るときは男装。そのまま近所のトランクルームに入り、女性服に着替え、メイクをする。仕事を終えると再びトランクルームに寄り、朝の服に着替えてメイクを落とし、帰宅する。そんな二重生活を続けている。
生まれた性と異なる性で生きる決意をしたトランスジェンダーが、それまでとほとんど変わらない社会生活を送ることはなかなか難しいという。著者は幸運でもあったが、多々困難も抱えている。
多様な性に直面する現代社会を生きる、一人のトランスジェンダーの体験記。

目次
プロローグ
第1章 初めての女装
第2章 綺麗になりたい
第3章 女性として生きていくなんて
第4章 全社にカミングアウト
第5章 外では女性、家では男性
第6章 毎日が性別越境
エピローグ
内容(「BOOK」データベースより)

その日、アラフィフ・妻子ありの総務部長は、社内一斉メールでカミングアウトした。「これからは女として生きていきます」家庭は?会社は?友人は?そのとき彼女が選んだ究極の二重生活とは?自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション!


ほぼ、原作通りのあらすじだったかと思います。
ドラマの中では、中村中さんも出演されておりました。


とても綺麗な人だなと思っていたら、『私は女性ではなく、男性です』ということが当時は衝撃的でした。
歌手としても、私は好きな方です。

トランスジェンダーってなに?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
(性同一性障害といった言葉の方が耳にしたことがあるかもしれませんが、少しずつ認識されてきつつあるもの、と思います)

見た目だけで判断できる障害ばかりではありません。
今では様々な目に見えない障害がたくさん溢れています。
認識されていないだけで、もとからあった障害も、きっとたくさんあると思います。

『マンガだけ、ドラマだけ、映画だけの世界でしょ?』とか思わずに。

『女だとか、男だとか、関係ない!!』とか思っていても、人はやはり、見た目で判断してしまう生き物です。

私自身も、いろんなことに目を向けられる人でありたいなと思います。
かといって、豊田先生みたく、いろんなことに目を向けすぎてヘンテコにならないように気を付けます。

豊田先生:『僕は純粋に本が好きなの!!アニメが好きなの!!』

最後に、力強い歌声に乗せて。


ビジュアル系じゃありません。氷川きよしさんです。

『どんな風に生きたっていい』

今の彼の方が生き生きして見えるのは、きっと気のせいなんかじゃないと思います。
生き生きしている人は、やっぱりエネルギーをもらえます。

以上、おけいこ日誌、更新しました&最近、目にするものは『ほにゃらら』でした。

失礼します。

押忍。



posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 15:51| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

「とりあえず、本を読む」と、言うこと。

SFが読みたい! 2020年版 - SFマガジン編集部
SFが読みたい! 2020年版 - SFマガジン編集部
こんにちは。
湖西豊田道場、豊田です。
まず、コロナウィルスの件ですが、道場の施設のアルコール消毒、稽古参加者の手足の消毒を実施し、稽古中の換気もよくすることで、あたりまえですが、現在のところ湖西道場での感染者はでておりません。
正直、僕個人としては、今回のウィルスに関しては、日本社会全体が過剰に反応しすぎのような気もします。
それでも当然、病気にはならない方がいいに決まっているので、僕もマスクを着用したりはしていますが、しかし、まぁ、これってもしかかっても症状は、インフルエンザや悪性の風邪とそんなに違わないんじゃないの? と思います。
感染の結果、死亡にまで至っている方たちが、2020年3月現在の日本では、持病のある50代以上の中、高齢者たちがほとんどである、というのも、僕がいまいち切迫感を感じない理由でしょうね。(1月末に70代の僕の母が亡くなりましたが、それはコロナとは無関係ですし)
ので、NPO法人新極真会 湖西豊田道場としては、上記の方法を継続しまがら、通常通り稽古も続行していきます。
右も左もコロナばかりですので、話題をかえますね。
本です。
最近、豊田道場内は書籍が充実しています。
道場内に5つある書棚にはいろんな本が並んでおります。
これは、豊田道場はやっぱり「書と拳」がテーマの道場だろうということで、それを具現化した結果です。

E5908DE588BA-thumbnail2[1].jpg

上の名刺にあるように、僕は最近、株式会社アニノベーション(東京のアニメ制作会社)の役職につきました。
これもそもそもは同社の小説募集に僕が応募したのがきあっかけで、渡部社長と知り合ったのが始まりです。
僕の場合、本を読み、モノを書くことで人生の扉が何度も開いてきました。
湖西豊田道場で学んだ人たちには、できれば、その姿勢を学んでほしいと思います。
ケースバイケースですが、文筆でお金を稼ごうとした場合、とりあえず、他の事業と違って大きな資本もいらず、自らの知恵と努力で、どうにかこうにか事業をはじめることができるのです。

特別な道具を使わず、体一つで鍛錬できる空手と同じく、資本は自分自身であるのが文筆業の強みです。

というわけで、空手で体を鍛え、読書で見識を広め、自分の生産力を高めていきましょう!!

最後に最近、僕がオススメのアニメ「地縛少年花子くん」のOPソングを貼っておきます。
40代後半の男性でコレが好きな人もあまりいないと思いますけど、僕は好きです。
こうした自分の趣味が強みになったりするころもあるのです。

 
posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 17:12| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

NPO法人、新極真会 湖西豊田道場 新型コロナウィルスへの対応につきまして。

こんにちは。
湖西豊田道場、代表の豊田です。

新型コロナウィルスの大流行に対しまして、本道場の対応ですが、

通常通りの日程、時間で稽古を行いますので、

日頃と同じく、各人の体調、都合に合わせて出欠席いただきますよう、よろしくお願いいたします。


posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 11:51| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする