2014年09月03日

XBOXONE日本発売前夜。

こんばんは。豊田です。
今夜は空手ではなく、ゲームの話です。

明日9/4(木)マイクロソフト社のげーむ機「XBOX ONE」が発売されます。

XBOX.jpg

げーむ機のみで、39,980 円 (税抜)げーむソフト1本同梱版も同じ値段なのこちらを買うとお得です。
さらに、げーむ機+Kinectセットが49,980 円(税抜)で、こちらも初回限定のDay One エディションは同じ値段でソフトが3本ついてくるので、こちらのほうがお得です。
そのうえで、明日、本体と同時発売(ロンチタイトル)のげーむソフトが無料のダウンロード版もふくめて、30本ほどありまして、本体+Kinectとロンチタイトル30本を全部買うと、約20万円! ほどかかるかな、と。

これをすべてをほぼ定価でSHOPで買うのは、ばかばかしいんだけど、新げーむ機発売はお祭りだし、だから発売日購入も、ロンチ完全制覇もご祝儀だし、それに、それに、ある意味、僕は好きなものにこうしてばかばかしいお金をつぎこむために、大人になったのだから、買っちゃおうかな? と正直、悩んでおります(笑)
発売日に新げーむ機の入った専用紙袋を持って街中を歩くのは、ひじょうに恥ずかしいのですが、すこしうれしいです。XBOX、7年ぶりの新マシンですし。

買っても遊んでるヒマはないです。
封を開けるのは何か月後か、へたしたら何年後か。
それに実際、僕の奥さんもげーむ好きなので、どのみち、家にはPS4もあって、わざわざXBOX ONEを買う必要はあまりない、というか、ほとんどないのです。

僕は、だいたいこうして悩む時は、最終的には買ってしまうんですけど。

ここまで読んで、豊田先生、げーむにこんなにお金を使って、もったいないなぁ、もしくは、いいなぁ。と思った湖西道場生やOB、OGの未成年のみなさん。

生活費やその他、必要なお金に手をつけるのはありえませんが、こうして趣味・遊びにお金を使うために、世界の大半の大人は働いてます。そして使うとお金は減るから、また趣味・遊びに使うためにもさらに働くのです。

自分が欲しいものの値段が高ければ、その分、働いて稼ぐしかないよね。
というわけでモチベーションがあがって、仕事もバリバリやれるわけです。

稼いだ分以上、使わなければ、働き続けている間はお金がなくなることはありません。
大人になって自分で働けば、自分の欲しいものを買える確率がかなり高まります。
ウン千万のマイホーム、日本に何台の高級車だって即金はムリでも、ローンを組んで働き続ければ買えます。

まして、お酒もタバコも賭け事もしない、大人の遊びはオールアウト、食事も身なりもきわめて普通、さらに海外旅行もしない、車もバイクも乗らないという僕のような人間からすれば、発売日にげーむ機とソフトをまとめて買うくらいは、なんとかなります。

しかし、7年振りのお祭りはおいておいて、ここ数年、世界を席巻している、PC(パソコン)及びに据え置きげーむ機用のげーむソフトは、TPSもFPSもオープンワールドRPGもその多くが同工異曲で、一プレイヤーとしては、おもしろくないな、と個人的に思います。
BFもCODもギアーズもヘイローも、スカイリムやフェイブルも、失礼ですが、どれも似たりよったりで、一つめはおもしろくても、続編ではもう飽きてしまっています。また他社の類似品が多すぎる!

XBOX ONEのロンチタイトルもそういう意味で期待できる、オリジナリティのあるソフトは、ぱっとみ、見当たらないかな。

ただ、僕が、げーむを好きなのは、この文化が、僕が小学生ぐらいの時に生まれて、世界中に広まってと、成長、拡大してゆく姿をリアルタイムでみたきたからで、まだまだ先があると思うので、付き合える限りはこの文化の成長や衰退を眺めていたいと思っています。
これまで楽しませてもらったので、これからもよろしくです。

今回は趣味・遊びの話になりました。
ようするに趣味・遊びは、人からみてばかばかしくても、本人にとっては、生きてゆく(働く)動機になりうる! ということです。
だから僕は、自分の趣味・遊びを充実させるためには、少額でも費用がかかりますから、働いてお金を得るしかないと思います。
働くことに意味をみいだせない人は、こんな視点から、働くことを考えてみたらどうでしょうか?

お金を使っても手に入れたい、本当に好きなものは、それのためならがんばれるものは、ありますか?

例えば、それが仕事後の缶ビール1本だったとしても、毎週の少年ジャンプでも、それがない人生は、僕はかなしいと思います。

愛する趣味・遊びとともに、生きたくないですか。

以上です。
失礼します。
押忍。












ラベル:ゲーム Xbox
posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 21:30| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: