2014年12月31日

2014・12・30 年末恒例108スパーリング プレビュー

こんにちは。
湖西道場、豊田です。

昨夜、2014年12月30日。
湖西道場では、13:00〜18:00までの間、年末恒例の108R連続スパーリングを行いました。

ちょくちょく書いていますが、これは約20年ほど前からの恒例行事で、湖西道場ができる前は他流派で内弟子をしていた頃に、僕が指導する時間の中で週一や月一で行っていた稽古です。
もともとは、現代社会では結局、人を直接、蹴る殴るする空手の組手、試合は、技術うんぬんの前に、心理的に抵抗がある人が多いので、言い方は悪いですが、空手をする以上、まず、自分が人を殴る蹴ることに慣れよう、そして殴られる蹴られるにも慣れよう、そのためには回数をこなすのが一番で、安全に、かつできるだけたくさんラウンドをこなそう! ということで、稽古参加者みんなで適度の強さでやってたわけですね。

ジョキングみたいな感覚のスパーリングなので、ケガをせずに数をなすのが大事! 空手の技をちゃんと使えるようになって組手慣れしよう!

「いやいや、待てよ。
オレの記憶だと、かって参加した108だか、100だかのスパーは、リタイアする人やケガ人がでる、メチャ激しいやつだったぞ。
終わったら骨折してるやつがいたり、ダメージがひどくて病院に運ばれて緊急手術を受けた人もいたような。
あの時は、豊田も片足を肉離れだかで引きずってて、正座もできなかったぞ。
たしか、平日の夜の7時くらいから11時すぎまでやってた記憶もある」


たしかに過去に上記のようなこともありました。
競技志向のメンツが集まったりすると、潰しあいになったりして、ケガをする確率の高い、必ず誰かがのびてる、リタイアする人がゾロゾロでる稽古になるので、それはそれでそうなりたい人がするのは仕方ない、危険度のわりに得るものが少ないハイリスクロウリターン(もしくはノーリターン)の稽古だけど、終わったあと五体満足なら儲けものだ。
怖がってたまるか、行くぜウォリャー! みたいな。

そんな組手の結果として、稽古の後、すぐに病院に運ばれ、脳内出血で緊急開頭手術を受けたかたもいました。
医師から最悪の事態も覚悟してくれと言われ、病院のソファーで手術終了を待ちました。
あれから15年以上が過ぎました。
加害者は僕です。
技は左上段膝蹴り。
被害者のかたは幸いにも一命をとりとめ、現在も空手を続けておられます。
手術の翌日、面会に行って、本人に謝ったら、「先輩。こちらこそすいませんでした。あの膝蹴りの蹴り方を教えてください」と包帯ぐるぐる巻きのまま言ってくれました。

やっておいてムシのいい話ですが、人にケガをさせるなら、自分がケガをしたほうがいい、と切に思いました。得や損ではなくて、あの時の左膝の感触がいまも忘れられません。
当たり前ですが、人に死や不幸を与える空手なら、やらないほうがいい。
空手の技は怖いな。
普通に使うだけで人を殺してしまう。
あらためて心底、思いました。

でもここで辞めてしまうよりも、活かしかたを考えて使うほうが修行になる。
その後、空手の活かしかたを自分なりいろいろ模索して、そして始めたのが新居町体育協会空手部で、現在の新極真会湖西道場です。

スパーに関していえば、僕個人は、上記の事故以来、基本的に受けにまわるようになりました。
ようするに事故が起こるのが怖いし、もし起きたらとても責任をとりきれないので、自分がケガするほうがまだマシなので、攻撃は二の次で受けにまわるわけです。
強いとか弱いとかでなくて、事故はいつ起きるかわかりません。
一方が受けにまわる意識を持つことで、比較的事故は起きにくくなると考えています。
当然、事故が起きそうな技は、自分からはだしません。
あの病院ですごした夜のような経験は、もう絶対にしたくはありません。

社会生活と空手の修行を生涯に渡って両立しようと考えたら、ある程度、上級者になったら、こういった配慮は誰でも必要になると思います。

前置きが長くなりました。
そんなこんなで現在も湖西道場は、年末の恒例行事として108スパーを行っています。

RIMG0025.jpg

昨日は豊橋の岡田先生が参加してくださいました。
岡田先生は、さっき書いた事件の時に僕の横に一晩中、病院のソファーに並んで座っていてくれた方です。
気がつけば、一緒に空手をして20年ですね。

RIMG0158.jpg

ダイキくんが岡田先生に指導を受けています。

RIMG0161.jpg

ヒトケタ、10代、30代、40代、50代、80代と、多彩な年齢が揃った湖西道場です。

RIMG0142.jpg

湖西道場らしいストレッチです。
いまの子供は、ボストンクラブを知らない(笑)

RIMG0153.jpg

僕が20、30、40代と胸を借り続けている岡田先生との組手です。
愉しんでいるのが伝わってきますか?

RIMG0159.jpg

ファンタオレンジ&グレープ、オレンジーナ、伊右衛門、オロナミンC、アミノバイタル。
湖西道場の乾杯は多様なドリンクで行われます。
買い出し係は、僕です。

先週からずっと店は営業していて、昨日も108スパー開始前までは店にいて、本日もただいまも営業中、締切間際の原稿も1本抱えています。
けれども、こうして愉しい組手ができて幸せです。

108スパーのくわしい様子は年明けに無良さんがHPにあげてくれますので、もっとスパーの様子がみたいよー、という人はそちらをお楽しみに。

2014年中に書き上げたので、いまからこれをUPしますね。
湖西道場のみんな、岡田先生、参加者全員、昨日はお疲れさまでした。
ありがとうございました。
また来年、道場でお会いしましょう。
失礼します。

押忍。
posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 15:15| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: