2015年05月31日

湖西道場 サンドバック購入。

おはようございます。
湖西道場、豊田です。

ブログのアクセス数が伸びて、体験入門者さんたちもいらして、相変わらず、ばたばたしているうちに5月も終わりです。
さて、ひどく空手愛好者さんよりの話題ですが、つい先日、僕は本屋さんで月刊「空手道」を買いました。
言わずと知れた福昌堂(出版社)さんからでている老舗空手専門誌です。
最新号を購入するのは、もう二十年振りくらいの出来事でした。
というのも、ついこの3月までは、福昌堂さんからは、月刊「空手道」と同様に、フルコンタクト空手愛好家むけの月刊誌「フルコンタクトKARATE」が毎月刊行されておりまして、伝統派空手愛好者は月刊「空手道」、フルコン愛好者は「フルコンタクトKARATE」と読者もすみわけされていたのです。
僕が主に買ったり、読んだりしていたのは、「フルコンタクトKARATE」の方です。
しかし、悲しいかな、こちらも長い歴史ある「フルコンタクトKARATE」は3月発売の号で休刊になりました。
以下の文章は、福昌堂さんのHPからの引用です。

ka2015_7.jpg


5月27日(水)月刊「空手道」はフルコンタクトKARATEと統合!
新装リニューアル致しました!

月刊「空手道」と月刊「フルコンタクトKARATE」は統合して1冊の雑誌に生まれ変わりました。
新装リニューアルで雑誌サイズと内容(増ページ)、価格も変更致しました。
サイズは縦280ミリ×横210ミリ
価格は税込み990円となります。
両誌の特性を活かした深い特集、大会特報、第一人者が執筆する連載記事など、より多くの読者の方々にご満足いただける内容を目指していきます。

★新装リニューアルとして5月27日発売!
月刊「空手道」7月号として刊行します。
これまで「フルコンタクトKARATE」で連載していたものはリニューアル誌の中で継続し、フルコン系の記事、情報も充実!

※2015年8月号より月刊「空手道」は月刊「空手道&フルコンタクト」とタイトルが正式に変更になります。
発売日も毎月23日に変わります!
8月号は6月23日(火)発売予定!
新装リニューアル号を何卒ご愛顧のほど願い申し上げます。


まとめると、現在、書店に並んでいる号から、月刊「空手道」と「フルコンタクトKARATE」はひとつになったわけですね。
今月号はまだ誌名は、月刊「空手道」だけれども、6月発売の号からは、月刊「空手道&フルコンタクト」になる、と。
どうでしょうね? 一つになるとどうなるのか、見てみないとわからなかったので、僕は新装リニューアル号である今号を購入して読んでみたのです。
高校生の頃、発売日におこづかいを手に買いに行っていた雑誌(フルコン)と、立ち読みしていた雑誌(空手道)が一つになって、その新装開店号! を44歳にもなって買いに行くのは、感慨深いです(笑)

実際、読んでみての感想は、なんというかまだ混じってないというか、ほんとにそのまんま、月刊「空手道」の記事と「フルコンタクト KARATE」の記事がそれぞれに載っていて、本数をまとめて一冊になっている感じでした。
両誌の橋渡し的な記事や読み物がないので、ハンバーグ&カキフライ定食みたいだ。
もともと専門色の強い雑誌同士がくっついたのだから、こうなるのは当然といえば当然ですが、一冊で二つの味が楽しめてお得と考えればいいのかな。

とりあえず、雑誌の創刊号を買うのは御祝儀みたいなものだから、今回は買ってみました。
ネットで誰でも簡単に情報が入手できるようになった現在、紙の雑誌はどこも苦戦していますが、長い歴史を持つ空手専門誌として、月刊「空手道&フルコンタクト」はこれから末長く続いてくれるといいですね。

個人的には、せっかくの伝統&フルコンをまとめて載せる空手総合誌なのだから、JFKOとJKFの特集をして、両方のそれぞれの愛好者に違いや良さを紹介したりすればいいと思います。
あと、第二回全国大会も盛り上がったし、JFKOオンリーの増刊号をだすのもタイムリーですね。
国内のフルコン流派の七割が参加してるJFKOの専門誌ならば、関係道場に卸さなくても、書店売りだけでもいいんじゃないでしょうか?
JFKOの本が書店で売れているところが見たいです。

空手雑誌の話をマクラにして、湖西道場で購入したサンドバックについて書こうと思ったのですが、マクラが長くなりすぎました。
休日にマニアックな話にお付き合いいただき、ありがとうございます。

湖西道場のサンドバックの話は、また記事にすると思います。(道場生のみなさんは、稽古や自主稽古で明日から使えます!)

それでは、今日はここまでです。
失礼します。
押忍。



posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 11:27| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: