2015年10月27日

就職、おめでとう!!

おはようございます。
湖西道場、豊田です。

今朝はというか昨夜は眠れなくて、気がつけば朝になってしまいました。
あえて分類すると僕は自営&自由業の人間なので、仕事は段取り9割みたいな案件も多々あって、そうすると今後の各種展開や可能性を考えると眠れなくなります。
それはそれとして、昨日、おぼえておきたいうれしい出来事があったので、ここに書いておきますね。

ブログ読者のみなさんなら御存じの通り湖西道場は、特に社会人の場合は心身に障害があったり、あれこれわけありの人が武道を人生の役に立てようときてくれるケースも多くて、こういったうちの道場の姿勢は、もともと、はじまりがそうだったのでいまもそのまま続いています。

大人の方の場合、多くの道場が目的とする試合で勝つ、よい成績を残すの、そのあとからはじまる人生の戦いのお手伝いをするのが湖西道場です。一緒に運命を切り開くというとやや大げさな気もしますが、実際はその通りで、おかげで僕はいろいろ勉強、修行になるし、心身も消耗するし、出費もかさむ(笑)、というわけです。

病院、警察、企業と、人生のライフラインの整備に一緒にいったり、やらかしてしまった人に更生して欲しいなぁと思いながら、尻拭いしたり。

それでもって、結局、そういう人を僕自身が雇用できるようになれば、とりあえず仕事がない!! という問題解決のお手伝いもしやすいよね、なんて考えて事業をやったりもしております。
しかし、そうそう簡単にばーんと大人数を雇用できるようにもなれず、僕と同じようなことを考えてくれる無良さんとえっちらほっちら長い道を歩いている途中です。
昨日、うれしかったのは、ここ2年ほどお付き合いしていた方が、ちゃんと就職が決まったと報告をしにきてくれて、はぁーよかった、とひとごとなのに自分ごとというか、僕自身の就職が決まったみたいに非常にうれしかったです。

Oさん、おめでとう!!

Oさんの場合、具合の悪い時に、店にたずねてきてくれて、時にはそのまま2,3時間をお話を聞いたりしたこともありました。聞いているのは僕らだけなので、どれだけ爆発してもらってもOKですが、自分の状態に自覚のある方なので、本人は大変だと思います。
僕らは病院ではないので、その人の長年の友達、もしくはおせっかいな隣人のようなスタンスです。

少しでも力になれたらと思っていてもうまくいかない時もあります。
自分のしていることが有益なのか、考える時もあります。

単純に殴る、蹴るで解決する問題は、一般の日常生活ではまずありませんよね。
僕は武道の稽古で培ったものをベースにして、こうしていろんな人とかかわっています。

昨日、Oさんから、「自分はここへ話をしにきてるだけですごく力をもらっている。ありがとう。豊田さんと無良さんは、小料理屋でもやれば、お客さんがたくさん話にきてくれて、儲かると思う」と言われました。
お褒めの言葉に感謝します。
お役に立てているなら幸いです。
でも、残念ながら、湖西道場はいまのところ、小料理屋をやる予定はありません。

15年前の湖西道場一番最初の戦いは、手首を切りたいのか、腕を切り落としたいのか、包丁だかナタだかで自分の前腕に大きな傷跡をつくってしまった元インターハイ出場アスリートの僕の友達でした。
なにがなんだかわからない精神状態で真夜中に、「豊田も狙われているから気をつけろ!」と警告の電話をくれたりしましたね。
家族も病院もお手上げだったけれど、二人で右行ったり左行ったりしながら、毎日、稽古して、3年ほどかけて就職できるところまでこぎつきました。

あの時に空手の修行も殴る蹴るだけのバカみたいなものじゃなくて、人の人生の役に立つんだとあらためて思いました。

湖西道場はこれからもいろいろとあると思いますが、人と自分の人生に役に立つ空手をモットーに戦い抜いていきます。
なにはともあれ、Oさんがいいところに就職できてよかった。
本当にうれしい。

以上です。
押忍。














posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 06:50| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: