2015年11月02日

新極真会第十一回全世界空手道選手権大会

こんにちは。
湖西道場豊田です。

昨日、一昨日は新極真会の第11回世界大会でした。
僕は、両日共、YOUTUBEで観戦しましたが、このブログの読者のみなさんはご覧になられましたか?

今回の配信は、カメラも複数台あっていろいろなアングルで試合をみることができて、それこそ試合の映像に関しては、DVDソフト化された大会にも劣らないクオリティでした。
演武や他の催しもリアルタイムでみられて臨場感があってよかったです。

大会自体の内容についての僕の感想をあえて書くと、男子も女子も新極真会は、競技としてこれまでとは違う段階へ行こうとしているのを感じました。オリンピック参加を目指して試行錯誤の最中というか、過渡期ですね。
その結果、反則裁定をとられる選手や、試合を中断して審判5人が話し合う場面がこれまでより多くみられました。
でもこれは、競技としてフルコンタクト空手を次のステージにあげるための意識のあらわれだと思いますので、こうした努力が実を結んで、JFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)の悲願であるフルコンの五輪競技化をぜひ実現させて欲しいです。

僕、一個人的には例え五輪参加がかなわなくても、たくさんあるフルコンタクト空手の団体、大会が、これをきっかけにJFKOとして日本国内の七割、272団体が大同団結し、年に一度の統一大会を開催するようになっただけでも、十分な成果だと思っています。
悲しいことに常に離散を続けて、どんどん数が増えてゆく傾向があるフルコンタクト空手団体が、272もの団体が一つの組織にまとまるのは、それこそ日本空手史上初ですよね。
こういうところが新極真会が、フルコンタクト空手が次のステージへむかっている証拠だと思います。
フルコンタクト空手がこれまでよりももっとずっとずっと多くの人に愛されるものになってくれれば、贅沢を言えば、そのうえでそれぞれの団体が各々の個性を持ったまま発展してゆければ、うれしいです。

下に世界大会の動画を貼っておきますので、お時間のある方はどうぞご覧ください。

新極真会第十一回全世界空手道選手権大会 初日



新極真会第十一回全世界空手道選手権大会 2日目



以上です。
押忍。


posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 14:30| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: