2016年01月24日

来年度にむけて準備中

こんにちは。
豊田道場、豊田です。

寒いですね。
先日、僕の店の前でも、強風で粉雪がくるくると渦巻いておりました。
僕も無良さんもそれをみて、茫然としていました。
以前、別の場所で、雪がかなり降っていて、なのに、雪が渦巻いているところを徒歩で突破しようと思って、まっすぐ突進したら、軽装だったし、雪に巻き込まれる形で呼吸が苦しくなって、視界が真っ白になって、そのまま、死ぬかと思ったことがありました。
あの時は、山の事故の原因になったりする、ホワイトアウトってこの状態のことか、と思いましたが、ともかく、雪は怖いなと身に染みました。
降雪のほぼない地方で育った人間なので、自分は、どうも根本的に雪をなめてる気がします。
注意しないといつか雪で死ぬかもしれません。

さて、話は変わって、

RIMG0011.jpg

豊田「去年1年間、稽古した成果をみせて欲しんだ」

男子「これは?」

RIMG0012.jpg

豊田「おにぎり。具はコンビニで一番売れてるシーチキンマヨ」

男子「うぅぅぅ」

豊田「殴る蹴るよりも、なんでも食べれるようになる方が子供には大事です。
去年の合宿で晩ご飯に2時間かけて、お子様ランチを完食したよね。
さて、今回はこのおにぎりを食べてみよう!
きらいなこと、苦手なことを自分からするのが修行だよ」

RIMG0013.jpg

女子「おいしそう」

男子「えっ。う・・・」

RIMG0014.jpg

豊田「ご飯も野菜も食べないでソーセージやカラ揚げばかり食べるとか、飲み物はいつも炭酸を飲むとか、アレルギーじゃないのに、普通の食べ物を食べられないのは、自分で自分の体を壊してるようなものだよ。
さぁ、一年間、心と体を鍛えたんだから、おにぎり、行ってみよう!」

男子「お、お、お、す」

RIMG0015.jpg

みんな「ファイトー!!」

豊田「ほら、みんな応援してるぞ」

RIMG0016.jpg

豊田「意外とおいしくない?」

男の子「う、うん」

RIMG0017.jpg

数分で無事完食。

豊田「自分の体にいいものを食ることができるは、強いってことだよ。食べ物は体の材料だからね」

男子、みんなと一緒に「押忍!!」

以上はついこの間の稽古の一コマです。
補足しておきますと、豊田道場のモットーはその人の人生の役に立つ空手、道場、修行経験ですので、体力増強や精神鍛錬なんかは当然そうですけれども、少年部の食育(偏食をなおす)なども稽古の中にふくまれます。
写真の彼とは、夏合宿の時に、ファミレスで夕食のお子様ランチを完食するのに2時間ほどかかりまして、その時も僕は彼にくっついて、途中で投げ出さないように、励ましたり、脅かしたり(ちゃんとした食事をとらないと、背がのびなかったりするぞ、とか)してました。
ホテルでの朝食の時は、無良先生と他の子たちで彼を応援して、サラダとご飯、スクランブルエッグ、を約1時間かけて完食してもらいました。
なんというか食は体作りの、生命活動の基本ですから、子供の頃に、体によいものをしっかり食べる習慣をつけるべきだと思います。

いま、ちょうど、豊田道場の来季(4月から)の稽古日程、メニューなどを制作中でして、新規入会をお考えの方たちに当道場の方針、個性を伝えられるHPの記事も企画中です。
今回の記事もそのテスト的なものですね。

酒見特別顧問をはじめ、いろいろな分野の人とお会いして、様々なお話しをうかがっているのですが、勉強になることが多いです。

今日は以上です。
失礼します。

押忍。





posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 13:18| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: