2016年03月17日

こういう気持ちは

こんばんは。
湖西豊田道場、豊田です。
以下は、ネットで見つけた今日のNEWS記事です。


少女刺し現行犯逮捕=17歳高校生、殺人未遂容疑−愛知県警


時事通信 3月16日(水)17時14分

 16日午前11時5分ごろ、愛知県北名古屋市九之坪の無職少女(16)から「自宅アパートで元彼に刺された」と110番があった。県警西枇杷島署によると、少女は首や脇腹などを刺され重傷だが、命に別条はない。
 警察官が近くの路上で、服に血の付いた少年を発見。刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 逮捕されたのは名古屋市中村区の男子高校生(17)。「殺そうとした。台所にあったナイフを使った」と容疑を認めているという。 

[時事通信社]


これを読んですぐに、こういう暴力的な衝動は、道場に通えば解消されるのに、と思いました。
くわしい事情はわかりませんが、それこそ武道の道場や格闘技のジムに通うことで、青年期の暴力衝動はかなり解消されると思います。
あくまで僕、自分自身の経験からそう思うだけなのですけれども。
記事の犯人の少年と同じ17才の頃、高校生だった僕は空手道場に通っていました。
素手素足で防具なし、顔も叩くし、掴みも、投げも、絞めもする、激しい組手をする道場です。
肘も頭突きも、軽い目つぶし、金的への攻撃もありました。
僕自身、骨折も裂傷もしたし、組手で失神したこともあります。人にもケガをさせました。
でも、週三回バチバチやりあうこの道場のおかげで、外では事件を起こさずにすんだと思ってます。
身を持って暴力を教えてもらえたので、バカはバカなりにどうにか大バカにはならずにすみました。

自分はこのままだと暴力関係で事件を起こしてしまいそうだ。
短気で、スイッチが入ると、自分の暴力衝動がおさえきれない。
青少年に限らず、そういう人に道場、ジムは役に立つと思います。
武道や格闘技を有効活用して、せめて暴力で人様を殺めたりするのだけは、おさえられる人間になりましょう。

暴力衝動で悩んでいて、冷静に自分を判断している部分もあって、どうにかしたいのに、自分ではそんな自分をおさえられない、という方。
本気で悩んでらっしゃるのなら、武道修行はきっとあなたの役に立ちます。

地域の町道場の役割として、新極真会、湖西豊田道場もそういった方にも門戸を開いています。
道場はルールのある空間ですが、叫んで、突いて、蹴って、自分の中にあるモヤモヤを消すには、最適の場所ですよ。
もちろん豊田道場に限らず、多くの武道、格闘技の道場&ジムもそうだと思います。

暴力で不幸になる被害者さんと、周囲と自分自身を不幸にしてしまう加害者が少しでも減ればよいと考えて、この記事を書きました。
武道といっても、格闘競技の練習をしてサムライ気分に浸るだけではなく、真剣に取り組めば、こういった暴力の抑止効果は絶対にあります。

誰も得をしない悲しい事件が少しでも減りますように。

今夜は以上です。
失礼します。
押忍。





posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 00:35| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: