2017年03月30日

2017年、開幕メンバー。ほぼ勢ぞろい。

こんにちは。
ご無沙汰しております。
湖西豊田道場、豊田です。

花粉症をはじめとして、春は心身のいろんな病気が発症しやすい季節なので、豊田道場のメンバーの中にもアレルギーだったり、その他もろもろの症状がでて調子の悪い人がけっこうおります。
一般部のメンバーがほとんどですが、そういう人たちのフォローで、最近は、病院へ付き添って行ったりしておりました。

本人、ご家族の要望もあって、付き添いをさせていただいても、やっぱり、一番大変なのは、本人とご家族で、僕はいてもいなくてもいいけど、あった方がなにかの役に立つかもの置物、ついでに持ってきたお守り的なポジションです。

時代が進むにつれて、年々病気の種類が増えている気がするのですが、どうなんでしょうね。

ブログ読者のみなさんは、お元気ですか?

以下の画像は、昨日の幼・少年部の稽古の様子です。湖西豊田道場の幼・少年部に新メンバーが3人増えました。
(僕と無良さんのやりとりが入っております。ここ最近の無良さんは(最近どころか、いつもかもだけれど)、僕に対してのお笑いがキビシイです)
もうちょっとで少年部は20名ですね。

CIMG0519.jpg
正拳中段突きをみんなで。
無良:「豊田先生。写真を撮ったら、たまたま★このお写真に・・・(笑)」
豊田:「これ、僕おぼえてないんだけど。無良さん、狙ったでしょ??」
無良:「・・・。豊田先生。重症ですね・・・。ちなみに、狙ってません」
豊田:「いたって僕は正常です」

CIMG0522.jpg
次に正拳上段突き。
正面に見える手は、僕の手です。
無良:「心霊写真かと思いました」
豊田:「無良さん、そんなに僕のことオバケにしたいの?」
無良:「豊田先生、オバケ好きじゃないですか♪」
豊田:「あのね、本当のオバケは僕だって嫌だよ」
無良:「憑りつかれたら、除霊しないとですね。あっ、除霊しなくても豊田先生の方がきっと霊力がありますね」
豊田:「ちょっと!!霊能力者でも陰陽師でもないから」

CIMG0525.jpg
裏拳顔面打ち。
無良:「見てください、これが豊田先生のぶりっ子です」
豊田:「違うでしょ!?」
無良:「おねがいおねがいと、おねだり中(笑)」
豊田:「なんでそうなるねんっ!!」

CIMG0509.jpg
相手にカメ(亀)になってもらって、相手の脇の下に腕を入れてひっくり返すという、クオーターネルソン。柔道、レスリング系のグラウンド(寝技)の攻防は、力比べの要素が強くて、基礎体力がつきます。

CIMG0486.jpg
僕の説明を聞いている幼・少年部。はたして、コツは分かったのでしょうか?

CIMG0511.jpg
いざ、実戦へ!!
「えいやぁ〜!!」「うごかないよ〜!!」

CIMG0510.jpg
「あれれれれぇ〜??」
「どうしたら豊田先生みたいにひっくり返すことができるの?」と苦戦中の模様。

1時間の稽古なんて、あっというまですね。
最後まで、みんな元気よく、稽古に取り組んでおりました。

引きこもり(当時)のメンバーの生活支援としての道場開設から、早いもので17年。
その時々で、稽古参加者が1人でも2人でも、10人、100人でも変わらないつもりで稽古してはおりますが、しかし、現実として、いまの道場で約20人はちょっと狭いかなぁ、安全に稽古をするためにも、もっといろいろ工夫しないといけないな、と思っております。
(去年から今年まで、それだけ人数が増えたんだなと、実感しております)

あと、道場が17年も続いているのも、JR新居町駅前で常設道場を構えていられるのも、当道場の主旨を理解したうえで入門してくれるメンバーが増えているのも、すべて、これまで道場を支えてきてくれたOB,OGと父兄のみなさん、豊田道場を御支援してくださる方々のおかげだと思っております。長年にわたる変わらぬ御愛顧に心から感謝いたします。

そうしくん、めいさちゃん、ひろとくん、これから湖西豊田道場をよろしくお願いします。

以上、2017年、開幕メンバー。ほぼ勢ぞろい。でした。

失礼します。
押忍。
posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 14:13| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: