2017年07月11日

脳をやられた空手家パンク!!

こんにちわ。
湖西豊田道場スタッフ、優です。

『豊田先生、大丈夫なの??』
『優先生、大丈夫なの!?!?』

私も、豊田先生も、変わらず、生命力だけは強いみたいです
こういうところ、豊田先生に似たのでしょうか・・・??(笑)

本日、豊田先生からメールを頂きました。以下、私が豊田先生の文を、記載させて頂きたいと思います。

「入院16日目、7月11日です。
おはようございます。6月25日に倒れた豊田です。
脳出血で脳の血管が切れてしまいましたが、医師からのお話に、「いろいろ非常にラッキーがかさなっていて、
一見、言葉も、外見も、振る舞いも、そうとはわからない感じだが、それでも、脳の深いところで深刻なダメージを受けているので、甘く考えないように」とのことでした。

うーん、非常に悲しいですが、一度死んで戻ってきた感じなので、そう考えると、もうけもんですかね。
こうして入院していると、予定外のみなさんが病院まで来てくれて、びっくりします。
一昨日は、新極真の静岡の人達が、メロンを持ってきてくれました。
残念ながら、いま僕は病院食しか食べられないので、妻が持って帰りました。
ありがとうございます。

他にも、いろいろなお見舞いや励ましの言葉をいただいています。
豊田道場のみんなの様子や声も、優さんが伝えてくれています。
今、こんなふうに言っても説得力がありませんが、いま、体はほぼ普通に動きます。
基本、移動も以前と同様にできます。
9才から武道をしてきたので、いろいろ、体に染み込んでいるようです。
僕も、道場のみなさんと早く一緒に稽古をしたいので、もうしばらくお待ちくださいね。
また、現時点での僕は、脳に障害のある空手家となるわけですが、医師に止められてもいないので、というか、頑張れと応援をいただいてます。
今の僕と同じような脳の血管が切れても、それでも空手に取り組みたい、というような人がいらっしゃられましたら、豊田道場で、僕と一緒に稽古しましょう。

以上、朝からいろいろ書きましたが、死にかけても、人ってあまり変わらないなと、驚きます。
もともと、引きこもりや心の病院、世の中とうまく付き合えない人の人生が少しでもハッピーになるようにお手伝いする、人生へのプラスを目的にした豊田道場ですが、
今回の件で、脳に障害のある人も、ご一緒に頑張りましょう、ということになりました。

ノウハウは自分の体と医師と相談しながら、道場のみんなと作っていきます。
今後も僕は試合にも出させていただくつもりです。
本日は以上です。
失礼します。

押忍。」


続いて、豊田先生より、重ねて、みんなのお言葉、しっかりと届いてます、とのお礼の言葉となります。

O先生
昨日のブログを読んで、ご連絡を頂いたO先生。ご心配をお掛けしており、申し訳御座いません。
とても励みになります。

T様
暖かいお言葉ありがとうございます。僕自身も、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

N様
暖かいお言葉、ありがとうございます。僕も、一日一日の療養を大切にし、そして稽古ができるよう、変わることなく空手に取り組んでまいります。

A様
暖かいお言葉、ありがとうございます。復帰に向けて回復しております。体を第一にして、しっかりと体を戻してまいります。

優さんから、「昨日の基本稽古の模様や声出しの動画を撮りました」と僕にお話をしてくれました。
みんなの声、聞かせてもらってます。僕も、みんなと一緒に稽古できる日を楽しみにしてます。

私自身も、昨日のブログでも書きましたが、豊田先生曰く『優さんは、なにげにだけど、僕と四六時中って言ってもいいぐらい、まるで内弟子だよね』と言われたことを思い出しました。(笑;;)
仕事に対しても、空手に対しても、豊田先生のエピソードは大冒険の連続なので、私はいつも置いてけぼりな気がしないでもないのですが、豊田先生は、『この僕についてくるんだから、十分、ストロングだよ』と仰られました。
どん底にいても這い上がる精神力は、私も負けてないと思うので(笑)、結局は似た者同士なのかもしれないですね。
どんな状況下でも、決して屈しない気持ちというものは、案外簡単に、ポキット折れてしまうもので。

私はどちらかと言うと、結構『突進型の、特攻タイプ』とでも申しますか・・・(笑)
豊田先生には、『死期を自ら縮める子やな』とも言われました。←豊田先生には、言われたくないですよね?(笑)
豊田先生があれこれと作戦を組み立てる司令官みたいなタイプ。(そうは見えないと言われるようですが(笑))
そんな豊田先生を近くで見てきている私なので、いかにして立ち向かっていくのかという姿も、多く見てきました。
タイトルにもあるように、ブッとんだパンク人生だと、豊田先生自身、笑っておられます。(さすがの私も、豊田先生、ロックでパンクだと思ってしまいました・・・(笑;;))
どんなときでも、こんなときだからこそ、豊田先生が好きなゲームのセリフではないですが、『ピンチのときほど、ふてぶてしく笑うものよ』と、思いました。
常日頃、ぐるぐる回転している豊田先生ではありますが、私もその回転力に巻かれながらも、精一杯、苦しくても、痛くても、動けなくても、泣いても、わめいても、声をお腹から出せるだけ出して、自分自身に勝てるのは、やっぱり、誰者でもなくて、自分しかいないんだ!!と、改めて心に置いております。

豊田先生は、離れていても、いつも空手家精神で溢れております。
また、豊田先生の容体をお伝えしてまいりたいと思います。

以上、脳をやられた空手家パンク!!でした。
今夜は道場にて、稽古です。
『型をみっちりと』と、豊田先生からでした(笑)

失礼します。

押忍。

おまけ


Master of Puppets/Metallica
豊田先生と言えばMetallica(メタリカ)、Metallica(メタリカ)と言えば豊田先生!!ということで。
今日もROCKで、PUNKしてます。
豊田先生のお誕生日、メタリカのTシャツをプレゼントしたのは内緒です(笑)


posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 13:50| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: