2017年09月01日

手紙


好きな人はいつまでたっても大好きなリアム・ギャラガーのソロWall Of Glass 。
ソロ初アルバムは今秋発売予定です。

豊田さんへ
転院おめでとうございます。
そして、約1か月間、私の訓練にお付き合いくださいまして、
どうもありがとうございました。
私にとって、豊田さんが初めて担当を受け持った患者さんでしたので、
至らぬ点も多々あったと思います。
豊田さん自身、脳出血を起こしてご自身の状態に不安を持たれている中、
学生である私に訓練を担当させてくださったことは、本当に感謝しています。
訓練を始めた頃に比べて、豊田さんは本当に良くなられました!!
それは、何よりも豊田さん自身が、訓練に前向きに、
一生懸命に取り組んでくださっうたからだからこそだと思います。
転院後の病院でも、ぜひ豊田さんらしさを失わず、
これまで以上にリハビリに励んでくださいね。
これからの豊田さんの人生を応援しています。
本当にお世話になりました。お元気で!!
                   M・H

退院して8日経ちました。
湖西豊田道場、豊田です。
みなさん、ごきげんよう。
僕は元気になって戻ってまいりました。
一部の記憶、認識機能以外には、ほとんど後遺症もなく、回復することができて、周囲のみなさんから言われているように、非常に幸運だったと思っています。

当然といってはなんですが、今回の幸運の影には、名医さん、リハビリの先生方、看護師さん、たちとの出会いがありました。
一般に脳出血と聞いてイメージされるように、僕の場合も、発症して最初は、動けない、話せない、トイレも食事も自分ではなにもできない状態からのスタートでした。
脳の機能がダウンするというのは、つまり、ある瞬間を境に、さっきまで普通に読めていた新聞が、まったく意味不明な紙切れになってしまう、ということです。
文字を読めない、話せない、別の言語を使うどこか外国へ、急に放りこまれた感じでした。
名古屋の街角であんな恐怖を感じるのは、以前も今後もまずないと思います。

さて、冒頭にあげた手紙です。
今回、僕は名古屋と浜松、2件の病院に入院しました。
最初に入院した名古屋の方が43日、浜松が16日です。
名古屋の方が長かったのは、次に行くべきリハビリ専門病院になかなか空きがでなかったのと、脳出血の発症から1カ月間は、再発の可能性も高く、いろいろと慎重にならざるおえなかったからです。
おかげで、僕は名古屋でたっぷりリハビリに取り組むことができました。

手紙をくださったM先生。
他にも、毎日、たくさんの宿題をだしてくれて、時には休みの日にも、訓練にきてくださった先生。
僕の回復具合をみて、一緒にサッカーボールを蹴ってくれた先生。
仕事の相談にも乗ってくれた先生。
みなさんの愛のおかげで、こうして2カ月足らずで元の生活に戻ることができました。

昔から僕は、ムチャをやっては切り抜けてきたので、ラッキーだの、ミラクルだの、不死身だとの、周囲に言われることが多く、しかし、それは今回の入院時の検査でも明らかになったように、実際は生まれつき内臓が普通の人よりサイズが小さい(サイズが小さいイコール機能も小さい)等のハンデがあるので、普段から、気持ち7割、実力3割で、知恵と勇気でどうにかしているだけの話なので、そういう生き方だと、当然、疲労も激しいし、今回のように死の危機に直面するリスクが人よりも高い、と。
今回は、さすがの無謀な僕も骨身にしみてよくわかりました。
歳をとったというよりも、そもそも豊田さんは自分の年齢プラス20歳の血管内臓で考えてください、とのお話を真剣にうかがいました。
これから、長生きしたかったら、あと24キロ痩せて、体重64キロにするのが、統計的にも一番いいのだそうです。
今回の2ヶ月の入院で12、3キロ痩せたのですが、ここからさらに、24キロ、毎月1キロ痩せて2年かかります。

今回は、入院して色々学ぶことが多かったです。

不謹慎を重々承知の上で、一言、書かせていただくとすれば、早くに亡くなった、友人の英志くんが、僕が死ぬ時には呼びにきてくれるはずなのですが、今回は彼が姿を現さなかったので、「まだ、その時じゃなかったんだろ」と、幼馴染のHくんが言っていました。
僕もそう思います。

僕と同じく、40代で脳の病気を経験された方の中には、心身の重い後遺症等で苦しまれてられる方も多いかとも思います。
幸い運良く僕は後遺症等はほぼ負っていません。
発病後すぐの初期治療と早期からのリハビリのおかげです。
即死状態で亡くなる方も大勢いらっしゃるこの病気で、こうして生き残ったのは、やはり一つの運命だと思います。
せっかく拾った生命なので、僕は大切にしようと考えています、

僕と同じ病気で、気持ちが後ろ向きになってらっしゃる方、「あなたが生きているだけで、喜んでくれる人がこの世には、必ずいらっしゃいますよ」

どうせ生きるのだから、できうる範囲で明るく前向きに生きませんか?

今日も水も空気もうまい!

本日は以上です。
押忍。
posted by 湖西豊田道場日記愛好会 at 18:53| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: